あきたこまちの花咲農園:美味しいお米の見分け方

メインスタート

ここがポイント!
米まず美味しいお米の見分け方として、粒の【大きさ】や【形】が揃っているか!
お米の形はしてても、明らかに大きさが違う。欠けたり 崩れた形をしたものが混ざっていないかが、見分け方のポイントです。
同一銘柄で100%、きれいなお米の形で、大きさもほぼ同じなお米は、きっと美味しいはずです。(米袋の裏に%が表示されてますのでそこで確認!)
次に胚芽が残っていないかどうか!(白米を選ぶのであれば)
精米があまいと、胚芽が残ってしまい、その影響で炊き上げた時、色・つやが鈍ってしまいます。
お米にはクッと凹んだところがあり、そこに胚芽が付いており、キチンと精米されていないと、その部分が茶色く残ってしまいます。以上の点などをお米を買う時の参考にしてみてください。
玄米
玄米は、袋を開けた瞬間に良い米か悪い米か判ります。良いお米は、みずみずしく光って見えます。
手に取るとしっとりとして少し(微妙)重い感じがします。
白米
良い白米は、粒が透明でみずみずしい感じです。ふっくらとしているお米は、炊きあがりもふっくらです。
炊きあがり
粒が揃って適度な水分を含んだお米は、ピカピカに光って箸で持つとしっかりとしています。
食べれば一目瞭然!
甘味のある美味しいお米は、誰が食べても美味しいはずです。

このページの先頭へ

メインエンド