あきたこまちの花咲農園:安心と環境のための取り組み

メインスタート

花咲農園が皆様にお届けしているお米や農産物は、国が定めた法律やガイドラインに沿って栽培しております。

安全を証明する国のルール
法律やガイドラインは農林水産省が定めた法律で「JAS法の有機認証栽培」や「特別栽培農産物ガイドライン」などがあり、これらを花咲農園は遵守しております。
今まではこのような法律が無いせいで、農薬や化学肥料を使って栽培していても「有機質肥料を使ったから有機栽培」と表示し、消費者の皆様に誤解やとまどいを与えてきたため、このような法律やガイドラインが整備されました。どのような方法で運用されているかをご説明いたします。
有機農産物を監査しようとする団体は国に届け出をし、国から承認を得なければなりません。私たちのような生産者はこの国から承認を得た認証機関に有機農産物や特別農産物の監査を依頼します。
農家から依頼された認証機関は農家の提出する「圃場の地図」や「栽培予定の農産物の栽培計画書」などの書類を審査し、最低でも年に一度産地を訪れ直接圃場を見て、農家の所持している書類や農業資材(有機質肥料など)の購入伝票などを調べ、本当に有機栽培や特別栽培で農産物を生産しているのかを監査します。
監査の結果間違いないと判断された物のみが、有機農産物や特別農産物として出荷できるのです。
花咲農園の認証機関のご紹介
私たち花咲農園では、登録認定機関アファス認証センターより2001年7月31日から有機農産物の認定を受け、同年9月17日から特別栽培農産物の認証を取得しております。
  • 有機農産物認定証
  • 特別栽培農産物
  • アファスシステム
登録認定機関アファス認証センターの詳細はこちらでご確認できます。
農業ワンポイント知識
○有機農産物とは国が使用可能とした農薬や化学肥料以外の化学合成農薬や化学肥料を一切使用しないで栽培した農作物のことを言います。
○特別栽培農産物とは当該地域(秋田県の場合は秋田県の基準)の一般的に栽培する上で使用される化学合成農薬や化学肥料の使用量を半分以下の使用で栽培した農産物のことを言います。

このページの先頭へ

メインエンド